「紅白歌合戦」白組司会に櫻井翔「身に余る大役」 紅組は広瀬すず、総合は内村光良と桑子アナ

2018年11月9日16時1分  スポーツ報知
  • 広瀬すず

 NHKは9日、大みそかの「第69回紅白歌合戦」の司会者を発表した。

 白組が人気グループ「嵐」の櫻井翔(36)、紅組は来春、連続テレビ小説100作目の「なつぞら」でヒロインを演じる女優の広瀬すず(20)に決定。総合司会は昨年に続いてお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)と、同局の桑子真帆アナウンサー(31)が務める。

 内村光良は「二度とないことだと思っていたので本当に驚いています。『平成最後の紅白はああだったな』と、ずっと記憶に残るような、そんな“歌合戦”を皆さんと一緒に目指したいと思います。今年は何回早替えをするのか楽しみです。そして、私を再び推薦してくださったNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクダーの三津谷寛治氏に感謝します」と、同局のコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」での自身のキャラクター「三津谷寛治」を持ち出して、感想を語った。

 櫻井翔「小学一年生の年明けまもなく。祖父母の家のこたつに入りながらテレビで見た、“平成”の年号の発表はいまも鮮明に記憶に残っております。あの日からおよそ30年。“平成最後の紅白歌合戦”の司会をさせて頂くことになると、当時の私に伝えても信じてもらえないと思います。身に余る大役。幅広い多くの方の心に残る紅白になるよう、精一杯務めて参りたいと思います」

 広瀬すず「紅白という大ききな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆様に、まずは、一番驚いています。本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです。ご出演されるアーティストの方々と、そして内村さんと櫻井さんという、心強い先輩方とテレビで見ていたあの場所で、ご一緒させて頂けることを楽しみにしております。『朝ドラ、100作目だからね、頑張って』と言われたときと同じようなプレッシャーと責任を感じております」

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)