古市憲寿氏「ファンにこびることはない」関ジャニ∞大倉にエール?

2018年11月9日18時52分  スポーツ報知
  • 古市憲寿氏

 9日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)では、アイドルグループ「関ジャニ∞」の大倉忠義(33)が、一部ファンの常軌を逸した付きまとい行動に苦言を呈し、物議を醸していることを特集した。

 大倉は、自身のブログで「無視することが最大の抵抗だと思っていました」「もう、ストレス以外のなにものでもない」「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」などと弱音を吐いているという。

 コメンテーターの・中尾ミエ(72)は「限界だって感じているなら、言いたいことを言えばいい。それでファンが離れていたって、実力があればまた付いてきてくれる。嫌われることを恐れることはない」とキッパリ。さらに「私たちなんてどんだけ(嫌われているか)」とゲスト・古市憲寿氏(33)の肩をつかみスタジオの笑いを誘った。

 「気が楽よね」と話す中尾に、古市氏も「ファンにこびるということはないですから」と同意。続いて古市氏は「番組を降ろされたこともないですし」と話した。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)