橘花梨、ひとり芝居を企画・プロデュース…デビュー10周年迎え「新しいことに挑戦したい」

2018年11月11日5時0分  スポーツ報知
  • ひとり芝居に初挑戦する橘花梨
  • ひとり芝居に初挑戦する橘花梨

 女優の橘花梨(25)が、デビュー10周年を迎え、自ら企画・プロデュースしたひとり芝居(12月14日開幕、東京・四谷のLive space anima)に初挑戦する。

 ともさかりえ(39)、蒼井優(33)らが所属する芸能事務所・イトーカンパニーのオーディションに合格。08年7月に「牛乳に相談だ。」のCMでデビューし、舞台を中心に活動中だ。

 橘は「自分の身体(からだ)1つで表現することに憧れがあり、ひとり芝居はいつかやりたいと思っていた。節目の年だったので、新しいことに挑戦してみようと思った」と話した。

 自身のルーツとなる演出家、「劇団競泳水着」主宰の上野友之氏と、「くちびるの会」代表の山本タカ氏に作・演出を依頼。「10年間、蓄積したものをどうやったら出せるか。性格、人間性も知ってくれているお二方にお願いした」。上野氏が舞台「野蛮な気持ち」、山本氏が同「恋の放火魔」を担当。いずれも40分以内のストレートプレイで、ラブストーリーになる。

 スタッフの出演交渉やギャラ交渉、会場選定、ホームページの制作まで自力で行ったという。「制作スタッフさんのおかげで、普段、どれだけ楽をさせてもらっているかが分かった。今回、二つ返事で(協力を)承諾してくれたスタッフさんには感謝しかない。ありがたみを感じました」と壇上での恩返しを誓った。

 ソロプロジェクト「カリンカ」として、今後も継続的な活動を目指していく。橘は「今回で終わり…とならないよう、絶対に成功させます」。覚悟を決めて臨むつもりだ。

 ◆橘 花梨(たちばな・かりん)1993年9月30日、東京都出身。25歳。2008年「うたかた」で映画初出演。09年「すべて君に宛てた手紙」で舞台初出演。身長160センチ。血液型O。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)