倖田來未、36歳誕生日ライブでサプライズケーキ「体が動く限り踊り続けます」

2018年11月14日6時3分  スポーツ報知
  • バースデーケーキを前にピースサインする倖田

 歌手の倖田來未(36)が13日、神奈川県民ホールで全国ツアー(23か所35公演)の同所公演を行った。この日は36回目の誕生日。2300人が倖田の楽曲「Birthday Eve」を大合唱してアンコールが始まった。軽妙なトークを繰り広げる中、ダンサー6人がサプライズで特製ケーキをステージに。倖田は笑顔でロウソクの火を吹き消すと、「“サブロー”よ、もう。でも、サプライズ好きだから」と喜んだ。

 序盤から「気合、入ってるよね」とファンの熱気を心地よさそうに、アルバム「DNA」収録曲や「愛のうた」など新旧23曲を披露した。12月にデビュー19年目に突入する。「20周年までもうすぐ。振り返ることが最近多い。人生まだまだ足りないことがたくさん」と思いを込めた「Never Enough」もパフォーマンスした。

 今ツアーでは、ファンが鑑賞公演の映像を視聴できる「ライブ映像付きチケット」という新たな試みも取り入れた。大みそかには大阪グランキューブで自身初のカウントダウンライブを行う。年齢を重ねても、チャレンジ精神を忘れず「今年、本厄らしい。先々週に知った。足つりまくりやけど、体が動く限り踊り続けます」と誓った。

芸能
注目トピック