ヒロシ「全てのことが嫌になり自殺しようとしてた」と吐露…「一発屋」から再ブレーク誓う

2018年11月14日11時13分  スポーツ報知
  • ヒロシ

 お笑いタレントのヒロシ(46)が14日、自身のツイッターを更新。「ヒロシです」のネタでブレークするも、出演機会が激減していたヒロシは「全てのことが嫌になり自殺しようとしてた」と吐露した。

 ヒロシはホストの風貌で「ヒロシです」と自虐体験を語るネタがうけ、一時はテレビに引っ張りだこに。近年は表舞台から遠ざかり貯金で食いつなぐ日々を送っていたが、「1人キャンプ」動画が話題となり、6日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に11年ぶりに出演するなど仕事が徐々に増え始めている。

 ヒロシは「かまいたちさんとの取材受けた帰り道、インスタで迷宮グルメを東野さんが褒めてくださってるのに気付いた」とつづり、自身がナビゲーターを務めるBS朝日「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」について先輩の東野幸治(51)が「ヒロシブームが来ている」などと称賛していたことに言及。「憧れのバンドとライブ。第一線の芸人さんが見て下さってて。最高のキャンプ仲間とも出会い。味方からも見捨てられた数年前、唯一俺について来てくれたマネージャー。俺は今が1番幸せじゃ!」とツイートした。

 続けて「全てのことが嫌になり自殺しようとしてた。世の中、クソみたいな人間だらけで数年前まで絶望しかなかった」と吐露。「だけど少しづつ信用出来る人達と知り合うことができた。今も闘いの最中だけど、俺は絶対にこいつらに勝ってやると思う今日この頃。クソ野郎ども、覚悟しときな」と再浮上を誓っていた。

芸能
注目トピック