里田まい、母校・札幌大谷の神宮大会初出場Vを祝福…夫のマー君以来の快挙に「これまた凄い!」

2018年11月14日15時28分  スポーツ報知
  • 里田まい

 タレントの里田まい(34)が14日、自身のブログを更新し、母校・札幌大谷高校の明治神宮野球大会初優勝を祝福した。

 北海道代表の札幌大谷は13日に行われた高校の部決勝で星稜(北信越・石川)に2―1の逆転勝ちを飾り、創部10年目での初出場初優勝を果たした。道勢では里田の夫でヤンキースの田中将大投手(30)を擁して初優勝した2005年の駒大苫小牧以来、13年ぶりの栄冠となった。

 里田は「母校が!!」とのタイトルで記事をアップし、「私の母校、札幌大谷高校が明治神宮大会で初出場で初優勝!凄い!嬉しい!強すぎる!本当におめでとうございます!」と大喜び。「しかも明治神宮大会で北海道勢が優勝したのは、平成17年、駒大苫小牧高校が優勝して以来、13年ぶりとのことで。これまた凄い!」とし、「この優勝をきっかけに、益々のご活躍を、卒業生としても楽しみにしております」とメッセージを送った。

芸能
注目トピック