キンプリ、デビュー年での紅白出場!ジャニー社長が「ユーたち、紅白だから」

2018年11月15日6時0分  スポーツ報知
  • デビュー年に初出場するKing&Princeの(左から)高橋海人、永瀬廉、平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の出場歌手43組(特別企画1組含む)が14日、東京・渋谷の同局で発表された。初出場組から、男性6人組・Suchmosを除く5組が会見。

 6人組グループ「King&Prince」は、ジャニーズ勢として09年「NYC boys」以来のデビュー年の紅白出場を決めた。今月初旬から岩橋玄樹(21)が病気療養で休養中。リーダーの岸優太(23)は、5人でのステージに「本人にも連絡をした。正直悔しい思いはしていたけど、僕たちは、その彼の思いも背負って。非常に強い思いを持っている」と力を込めた。

 出場決定はジャニー喜多川社長(87)から直々に通達された。永瀬廉(19)は「『誰にも内緒だからね。ユーたち、紅白だから』とだけ言って、どっかに行きました。だから、どこに喜びをぶつけたらいいんやと、消化するのが大変でした」と喜びをかみ締めた。

 それぞれジャニーズJr.時代にバックダンサーでの出演経験がある。5人の中では最多の6度目の紅白となる岸は「今回はメイン。責任がものすごく伴う。今から緊張しちゃってる感じですね」と背筋を伸ばした。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ