さくらももこさん ありがとうの会 TARAKO、桑田佳祐らが惜別

2018年11月16日11時30分  スポーツ報知
  • 富士山をバックにさくらももこさんの自画像イラストが飾られた祭壇
  • 待合室ではさくらさんの好物の静岡おでんも用意された
  • 待合室には執筆中のさくらももこさんやキャラクターの人形が展示された

 フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)の原作者として知られ、8月15日に乳がんのために死去した漫画家のさくらももこさん(本名非公表、享年53)のお別れ会「さくらももこさん ありがとうの会」が16日午前11時から東京・青山葬儀場で始まった。

 祭壇はさくらさんのイラストを元に、さくらプロダクションがデザイン。地元・静岡を象徴する富士山の形になっており、さくらさんが好きだったダリア、トルコキキョウなどの花3万本や風船などで装飾された。中央にさくらさんの自画像イラストが飾られ、同漫画の主人公「まる子」や親友の「たまちゃん」「花輪くん」のパネルがその横に置かれた。

 1990年の放送開始から「まる子」の声を演じてきた声優のTARAKO、さくらさんの友人で女優の賀来千香子(57)、友人で作家の吉本ばななさん(54)が「ありがとうの言葉」を語りかけ、漫画「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎さん(43)、歌手の木村カエラ(34)がメッセージを贈る。

 またサザンオールスターズの桑田佳祐(62)も駆けつけ、2012年4月から2017年10月までエンディングテーマとして使用されていた「100万年の幸せ!!」(さくらさん作詞、桑田作曲)を献歌として歌う。

 お別れ会の待合室には、さくらさんが大好きだった静岡おでんの屋台が設営され、参列者に振る舞われた。また、さくらさんのイラストや「ちびまる子ちゃん」や「コジコジ」のキャラクターの人形などが置かれた。

芸能
注目トピック