天童よしみ、やしきたかじんさんドラマでナレーション初挑戦「境遇が私と似ている。喜んでくれるかな」

2018年11月17日8時0分  スポーツ報知
  • カンテレドラマ「なめとんか やしきたかじん誕生物語」でナレーションに/初挑戦した天童よしみ

 歌手・天童よしみ(64)が20日放送のカンテレ開局60周年特別ドラマ「なめとんか やしきたかじん誕生物語』(後7時、関西ローカル)でナレーションに初挑戦することが分かった。

 今作は、関西の「視聴率男」と呼ばれたカリスマ・やしきたかじん(享年64)の、歌手としての知られざる長い下積み時代から晩年までを描いた物語で、俳優・駿河太郎(40)がたかじんさんを演じるほか、西村和彦(52)、大平サブロー(62)、桂ざこば(71)ら、たかじんさんとゆかりの深いキャストが数多く出演する。

 天童にとっても、スターになるきっかけを作ってくれた恩人だという。東京から大阪に戻って活動していた頃、天童の歌の才能を認めていたたかじんさんは、自身が司会を務める番組で天童を応援するプロジェクトを企画。その後、紅白出場を果たしたという。歌手としてのたかじんさんを「豪快そうに見えて、ものすごく繊細。歌を歌うときも気持ちがすごく入るし、一言一言を大切に歌って流さないから、聴いている人はドンと胸に来るんです」と表現した。

 ナレーション初挑戦という天童は、たかじんさんの秘話を今回のドラマで初めて知って驚いたそう。「ナレーションというより、セリフのようにたかじんさんのドラマに入っていけました。最悪な時代を経て頑張ってこられたんだな、と新しい発見があったり、『たかじんさんはこうだったのか』とすごく胸にぐっとくることが何度もありました。たかじんさんは、東京に行って大阪に戻ってきた境遇が私と似ているので『よしみ頑張れ、よしみ頑張れ』と応援してくれたんだろうなと思います。感謝の気持ちで読ませていただきました。たかじんさん喜んでくれるかな」と目を潤ませていた。

芸能
注目トピック