サザン桑田佳祐、異例の生歌でありがとう…さくらももこさん ありがとうの会

2018年11月17日6時0分  スポーツ報知
  • 「100万年の幸せ!」を“献歌”した桑田佳祐。明るく会場を盛り上げた

 フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)の原作者として知られ、8月15日に乳がんのため53歳で亡くなった漫画家のさくらももこさん(本名非公表)のお別れ会「さくらももこさん ありがとうの会」が16日、東京・港区の青山葬儀所で行われ、関係者ら約1000人が出席した。会ではサザンオールスターズの桑田佳祐(62)がアニメのエンディング曲「100万年の幸せ!」を異例の生歌で“献歌”し、さくらさんに最後の別れを告げた。会場にはタレントのビートたけし(71)も駆け付けるなど、生前の幅広い交遊をうかがわせた。

 司会のフジテレビ・笠井信輔アナ(55)が「それではお願いします」と桑田を促すと、会場は割れんばかりの手拍子に包まれた。「家族もスタッフもお世話になったのに、なんの恩返しもできておりません。いつかまたお会いしましょう」。会場に「100万年の幸せ!」が響き渡った。さくらさんが生前に希望した通り、明るく、楽しく、和やかな雰囲気の中で、桑田は天国へ思いを届けた。

 同曲は2012年4月1日から17年10月1日までアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングを飾った。学生時代からサザンの大ファンであるさくらさんが作詞を手がけ、桑田が作曲と歌を担当。昨年10月放送の同アニメのスペシャル番組では、桑田がアニメキャラとして本編に初登場した。

 コラボのきっかけは、さくらさん直々の手紙だった。「2枚目の便箋からさくらももこ先生らしい字で、歌詞とタイトルも書いてあって、『歌詞指定かよ。すげぇな…』と思った」と会場を笑わせながらも、「『勝手なお願いで申し訳ない。もしだめなら断ってください』と書いてあったんですけど、断れません」。巨匠同士の奇跡的なコラボはこうして実現した。

 さくらさんが亡くなった後、自身のラジオ番組で「やっていただくことばかりで、何の恩返しもできなかった」と話していた桑田。04年に亡くなった実父の告別式で、一緒によく歌っていたという黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」を歌い、父に別れを告げたことはあったが、こうした場で生歌を披露するのは異例中の異例。歌い終えると、祭壇にあるさくらさんの自画像に一礼すると、桑田はこう語りかけた。「先生、ありがとうございました」

 ◆主な参列者 市村正親、糸井重里、太田光、賀来千香子、桑田佳祐、GLAY(TERU、HISASHI)、ゴールデンボンバー(歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔、樽美酒研二)、澤穂希、TARAKO、原由子、B.B.クィーンズ(近藤房之助、坪倉唯子)、森三中・大島美幸、山本リンダ、吉井和哉、吉本ばなな、和田アキ子(五十音順、敬称略)

訃報・おくやみ

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ