ショーンK、騒動触れず…2年8か月ぶり公の場

2018年11月17日6時3分  スポーツ報知
  • 騒動後、初の公の場に立ったショーンK

 2016年3月に経歴詐称疑惑を報じられ謝罪した、経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(50)が16日、都内で、国際芸術コンペティション「アートオリンピア2019」開催発表会に出席。司会として、騒動後初の公の場に立ったが、疑惑に触れることはなかった。

 騒動から2年8か月。渋い低音ボイスで「司会進行の大役を仰せつかりました、ショーンと申します。よろしくお願いします」とあいさつした。アンバサダーに就任した「野性爆弾」のくっきー(42)との掛け合いでは笑顔を見せたが、報道陣の方はほとんど見なかった。終了間際、感想を求められても無言で、裏口から会場を出た。

 主催側は川上氏の起用理由について、「真面目なショーンさんと、ボケる芸人さんがコラボすると面白い」。約2週間前にオファーすると、川上氏は当初「僕は嫌だよ」と話し、疑惑の端緒となった週刊誌取材を警戒していたという。来年6月、コンペの最終審査発表会も川上氏が司会を務める。

芸能
注目トピック