“世界三大夕日”が見られるマニラのベストスポット「OKADA MANILA」The Garden初公開

2018年11月17日20時37分  スポーツ報知
  • フィリピン・マニラ市内のホテル「OKADA MANILA」の「The Garden」から見える夕日
  • 世界三大夕日が見られるフィリピン・マニラ市内のホテル「OKADA MANILA」の「The Garden」
  • フィリピン・マニラ市内のホテル「OKADA MANILA」で世界三大夕日が見られる「The Garden」が17日、メディアに公開された

 フィリピン・マニラの、エンターテインメントシティーの一角に位置する統合リゾート(IR)施設「OKADA MANILA」で17日、世界三大夕日が見られるベストスポットとなる「The Garden」がメディアに初公開された。詰めかけた100人以上の関係者が、その美しいサンセットに酔いしれた。

 東京ドーム約9・4個分の敷地にカジノ、ホテル、レストラン、商業施設、ガラスドームに覆われたビーチクラブやナイトクラブなどを擁する「OKADA MANILA」。そのマニラ湾に面する一角に緑地のオープンスペース「The Garden」を作り上げた。

 マニラ湾の「真っ赤な夕日」は、インドネシア・バリ島、日本の釧路と並んで世界三大夕日とされている。湾を一望でき、さらにその夕日が水平線に沈む様子がマニラで最も美しく見られるスポットが、「The Garden」となった。

 「OKADA MANILA」のホテル統括責任者であるイヴァイロ・イヴァノブ氏は「ホテルとして誇れる施設の一つで、ただのオープンスペースではなく、この夕日をバックに結婚式や各種イベント、または訪れた方々の思い出に残るシーンを演出できることをうれしく思う」と話した。敷地内には他に観光スポットとして世界最大級の噴水もあるが、この庭園が新たな施設の魅力になる。一般公開は12月を予定している。

芸能
注目トピック