「料理の鉄人」の神田川俊郎さん、熟年離婚していた…現在の“オイシイ仕事”も告白

2018年11月30日20時8分  スポーツ報知
  • 神田川俊郎さん

 料理人・神田川俊郎さん(79)が29日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」(木曜・深夜0時12分)に出演し、近況を明かした。

 神田川さんは1990年代、フジテレビ系の料理バラエティー番組「料理の鉄人」などで人気に。“関西料理界のドン”として、エバラ食品や伯方の塩のCMキャラクターも務めていた。

 MCの河本準一(43)から、弟子は何人かと問われた神田川さんは「数え切れないですね。700人くらいでしょうか」と返答。さらにテレビに出演するようになったきっかけを聞かれると、「関西のテレビ局の人がお客さんにいた。おもろいから、いっぺん(テレビ番組に)出てくれと言われて出た」と答え、「その頃は、テレビ番組に出る料理人は少なかったですから」と振り返った。

 続いて河本から「女性にだまされた経験はありますか?」と質問された神田川さんは「だまされた経験は何回もあります」と答え、「お金貸してくれとか。かわいそうやし貸すんですね。貸したら会いにも来ない。昨日も金を貸してくれと訪問された。10年くらい会ってなかったのに、金貸してくれって」とスタジオを驚かせた。

 神田川さんは仕事に打ち込むあまりすれ違いが生じ、40年以上連れ添った妻と約8年前に離縁したという。「人生いろいろありました。これからまた頑張らないと」と話した。

 現在は「講演会やディナーショーが、オイシイ仕事」と神田川さん。さらに、政府から「日本食普及の親善大使」に任命され、世界各国を訪問し日本食の普及に貢献していると明かした。

芸能
注目トピック