乙武洋匡氏、上沼批判で炎上の「スーマラ」武智へエール「漫才が大好きです。頑張れ」

2018年12月6日12時40分  スポーツ報知
  • 乙武洋匡氏

 作家の乙武洋匡氏(42)が6日、自身のツイッターを更新。2日放送のテレビ朝日系「M-1グランプリ2018」放送後、インスタライブの動画で「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)とともに上沼恵美子(63)を批判した「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)にエールを送った。

 乙武氏は「それはそれ。これはこれ。この3年間、たくさん救われてきました。ビデオテープだったら擦り切れるほど」とつづり、「それでも僕は、スーパーマラドーナの漫才が大好きです」とツイート。「頑張れ。頑張れ」とエールの言葉を続けた。

 久保田は動画で審査員に向けて「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもうやめてください」「お前だよ、一番、お前だよ。分かんだろ、右側のな!」などと発言。武智も「右のオバハンにはみんなうんざりですよ」と同調し、4日にツイッターで「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と謝罪していた。

芸能
注目トピック