徳永英明、「過度の肉体疲労による過換気症候群」で公演を再び延期「重ね重ねお詫び」

2018年12月6日13時19分  スポーツ報知
  • 徳永英明

 シンガー・ソングライターの徳永英明(57)が、「過度の肉体疲労による過換気症候群」のため6日の富山オーバードホールでのコンサートを延期することが発表された。

 公式サイトによると、徳永は5日に富山公演のために新幹線で移動中、車内で体調不良を訴え、長野駅で途中下車。県内病院で治療を受けたところ、「過度の肉体疲労による過換気症候群」との診断を受けた。

 徳永は9月にも軽度の脳梗塞で緊急搬送され、同9日に開催予定だった富山公演などを延期。「2度にわたるコンサートの延期、当日を楽しみにされていたお客様、本当に申し訳ございません」と謝罪し、「今後は自宅にて疲労回復を図るとともに神戸公演に向け、静養してまいります」と今月27、28日の神戸国際会館こくさいホール公演での復帰を目指すことを明かした。

 また「延期公演、チケットの払い戻しに関しましては12月中にホームページ上で発表させていただきます」とし、「徳永英明を応援していただいてる皆様には重ね重ねお詫びを申し上げます。ご心配をおかけ致しますが、引き続きよろしくお願いします」と呼びかけた。

 徳永は01年、もやもや病を発症し翌年に克服。16年には、もやもや病による脳梗塞(こうそく)発症予防のため、開頭手術を受けている。

芸能
注目トピック