次長課長・河本、暴言久保田&武智の相方2人に珍アドバイス「スーパーマラサーモン組めば」 

2018年12月8日13時57分  スポーツ報知
  • 博士風の衣装で登壇した河本準一(左はくまだまさし)

 漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2018」終演後、お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員を務めた上沼恵美子(63)に暴言を放った騒動について、2人の所属事務所の先輩にあたる次長課長の河本準一(43)が8日、言及した。

 河本はこの日、都内で行われたイベント「よしもとSDGs花月 in エコプロ2018」に出席。終了間際、久保田と武智の暴言騒動について聞かれると、「久保田の武智の件はもう全然いいんですけど」と前置きし、久保田の相方・村田秀亮(39)と武智の相方・田中一彦(41)を気にかける様子で「村田と田中がコンビ組んで『スーパーマラサーモン』でやっていけば」とアドバイスを送った。

 「M―1」に出演しファイナルステージに進出したジャルジャルも登壇したが、久保田と武智については語らず降壇した。この日は他に尼神インター、くまだまさし、デニスらが出席した。

 久保田は2日の「M―1」終演後、大会に出演し田武智が配信したインスタライブで審査員に対して「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもうやめてください」と発言。さらに「お前だよ、一番、お前だよ。分かんだろ、右側のな!」と突きつけ、審査員席で一番右側に座っていた上沼を暗に批判した。これに武智も「右のオバハンにはみんなうんざりですよ」と同調していた。

 この動画はすでに削除されているが、SNS上では波紋を呼んでおり、久保田と武智は4日、自身のツイッターで上沼に謝罪。一方の上沼は3日の自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で審査員を引退すると宣言した。

芸能
注目トピック