「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のセ・リーグ第5節 巨人が代表決定戦進出

2018年12月8日19時20分  スポーツ報知
  • セ・リーグ3位に滑り込んだ左から巨人・たいじ選手、てぃーの選手、ころころ選手

 「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のセ・リーグ第5節、読売ジャイアンツ対広島東洋カープの試合が8日、東京・KONAMIホールで行われ、巨人が2勝1敗で勝ち越した。中日ドラゴンズの4位が決まり、巨人の3位が決定。上位3チームが進出し、プロ野球のクライマックスシリーズに当たる「eリーグ代表決定戦」に駒を進めた。

 1試合目にてぃーの選手(26)が初戦を2―4で落とした。しかし、前節に初勝利のころころ選手(30)が9―2、パワプロ歴2か月のたいじ選手(27)が8―0で快勝。プロ野球では鬼門だった広島に勝ち越し、今シーズン最終節を終えた。

 負ければ代表戦に進めなくなる―。そんな一戦を勝ち切ったたいじ選手は「こういうプレッシャーがかかる試合の方が得意。100%の力が出せて良かったです」。クールな天才が喜びをかみ締めた。

 代表決定戦に向けてリーダー・てぃーの選手は「チームメートが120%の力を発揮できていて、流れがいい。3人で(代表決定戦の)勝利をもぎ取りたい」と闘志を燃やした。

芸能
注目トピック