【ディズニー報知】TDL「美女と野獣“魔法のものがたり”」とは…2020年導入の新アトラクション

2018年12月8日11時55分  スポーツ報知

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は6日、2020年春に完成予定の東京ディズニーランド(TDL)の大規模開発工事の現場を報道陣に公開した。新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」「ベイマックスのハッピーライド」などの建設が進行中で、22年には東京ディズニーシー(TDS)での拡張プロジェクトも計画。TDRは進化を続ける。

 ◆新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」

 深皿型のライドに乗り、「美女と野獣」の名シーンを映画の名曲とともに巡るTDLオリジナルの大型アトラクション。体験時間は約8分。1台の定員10人。投資額は単体施設では過去最大の約320億円。

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。1デーパスポートはTDL、TDSそれぞれ大人7400円ほか。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

ディズニー

芸能
注目トピック