藤井聡太七段「感慨深い」最年少最速100勝!羽生竜王超えた30年ぶり更新

2018年12月13日6時13分  スポーツ報知
  • 「100」の文字が記されたクリスマスプレゼント袋を手に、笑顔を見せた藤井聡太七段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(16)が12日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第27期銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)本戦トーナメントEブロック6回戦で阿部健治郎七段(29)に勝ち、公式戦通算100勝(18敗)を達成した。16歳4か月23日での達成は史上最年少、デビュー後2年2か月11日での達成は史上最速。1988年に羽生善治竜王(48)が記録した過去最高記録を30年ぶりに塗り替えた。

 真っ赤な包みに「100」の文字。自分へのクリスマスプレゼントを手にした藤井は「一局一局の積み重ねで100勝という一つの区切りに達したことを感慨深く思っています」と笑顔を浮かべた。

 大台も難なく突破した。持ち時間各15分の早指し棋戦の銀河戦で、2010年新人王の阿部七段に勝利。16年12月のデビューから2年で通算100勝に到達した。「(節目は)知ってはいましたけど、意識しすぎても良くないので普段通り指せたらと」と振り返った。

 16歳4か月23日での達成は史上最年少、デビュー後2年2か月11日は史上最速、勝率・847は史上最高勝率となる。それぞれ、1988年に羽生竜王の100勝達成時の17歳6か月20日、デビュー後2年3か月29日、68年に中原誠十六世名人(71)の達成時の勝率・826(100勝21敗)の過去最高記録を塗り替えた。

 それでも「最年少での達成ということで偉大な先輩方を一つ超えられて喜ばしく思っていますけど、最終的にどれだけ強くなって、実績を残すことができるかが重要」と気を引き締めた。印象に残る1勝に、今年5月に七段昇段を決めた竜王戦5組準決勝の船江恒平六段(31)戦を挙げた。

 「100」を巡る戦いが奇跡的に符合した。羽生竜王は12日、挑戦者に広瀬章人八段(31)を迎えた鹿児島県指宿市での竜王戦7番勝負第6局に臨んだ。13日に決着する一局に勝つと4勝2敗で防衛を果たし、前人未到のタイトル通算100期の大台に達する。

 100勝と100タイトル。初のタイトルを目指す16歳は「想像もつかないくらい偉大なこと。自分は2年前、デビュー戦で加藤(一二三)先生と指してから100勝までいろいろなことがありましたが、羽生先生はあと一歩でタイトル100期ですので…」。羽生竜王は通算1417勝。最年少・最速の少年も、まだ歩み始めたばかりだ。(北野 新太)

将棋
芸能
注目トピック