新海誠監督、3年ぶり新作「天気の子」は「『君の名は。』ではやらなかったチャレンジです」

2018年12月14日6時0分  スポーツ報知
  • 会見した新海誠監督(中央)と声で出演する醍醐虎汰朗、森七菜
  • 「天気の子」ポスタービジュアル(C)2019「天気の子」製作委員会

 2016年8月に公開され、興行収入250億円超を記録したアニメ映画「君の名は。」の新海誠監督(45)が13日、都内で最新作「天気の子 Weathering With You」(来年7月19日公開)の製作発表を行った。

 3年ぶりの新作は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。離島から家出し東京にやってきた少年と、弟と2人でたくましく暮らし、不思議な力を持つ少女の美しく、切ない恋を描く。

 新海監督は「君の名は。」のプロモーション中に着想を得たことを明かした。「あっちに行け、こっちに行けと言われ、消耗する夏でした。そんな時、街中で青空を眺めていたら、成長しきった積乱雲が平原のようになっていて。雲の平原でゆっくりできたらいいなと思ったのがきっかけ」と説明。「ド・エンターテインメントです。笑えるし、泣けるし、ワクワクするし、知的好奇心も刺激される。賛否が大きく分かれる要素もあります。『君の名は。』ではやらなかったチャレンジです」と意欲を見せた。

 主人公2人の声は、2000人を超えるオーディションの中から、舞台「弱虫ペダル」で主演を務めた醍醐虎汰朗(18)、日テレ系「獣になれない私たち」などに出演した森七菜(17)が射止めた。

 〇…東宝は13日、2019年配給作品ラインアップを発表。「天気の子」のほか、「ポケットモンスター」のシリーズ最新作「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」(7月12日公開)などを明らかにした。実写の大作では山崎賢人(24)が主演し、人気コミックが原作の「キングダム」(4月19日公開)、菅田将暉(25)主演の「アルキメデスの大戦」(7月26日公開)などが控えている。

芸能
注目トピック