フジ山崎アナ、小倉智昭氏の経過報告に「スーパー小倉さんに会えるのが楽しみ」

2018年12月14日8時20分  スポーツ報知
  • 山崎夕貴アナ

 小倉智昭氏(71)が長期休養に入った14日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)の膀胱(ぼうこう)がんによる膀胱全摘出手術のため、11月27日から長期休養に入っている小倉智昭キャスター(71)の経過報告を伝えた。

 フジテレビの伊藤利尋アナウンサー(46)が13日に更新した小倉氏のブログから「早いもので、2週間経過しました。お陰様で担当医師が『驚異の回復力』。『今までで、ここまで順調な例はありません』と真顔で言います。どうやらおだてではなさそうです。予定では、退院は20日頃のようですが、自宅での更なるリハビリと、からだ作りに励み、以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。皆さんからメール、お手紙など、様々な御心配をいただき感謝しています。「僕はまだ死にましぇーん!」」との言葉を読み上げた。

 同局の山崎夕貴アナ(31)は小倉氏のメッセージを受け「以前より元気な小倉智昭。スーパー小倉さんに会えるのが本当に楽しみですね」とコメントした。伊藤アナによると13日放送の同番組で餃子の特集を放送し、スタジオで試食したところ、「放送中に小倉さんから私に連絡が入ってまして“バカヤロー、人がまだ食えない餃子をうまそうに食うな”というメッセージが昨日、小倉さんから私のスマホに届いておりまして」と紹介し「多くの視聴者のみなさんから本当にたくさんの応援メッセージいただいておりますけれど、お伝えした通り小倉節健在でございます。もうしばらくだけお待ちしていただきたいと思います」とコメントしていた。

芸能
注目トピック