山ちゃん、しずちゃんに初の謝罪…嫉妬でコンビ仲最悪、嫌がらせ工作や解散危機語る

2018年12月14日21時47分  スポーツ報知
  • 「南海キャンディーズ」の山里亮太と山崎静代

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと山里亮太(41)と、しずちゃんこと山崎静代(39)が、14日に放送されたテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!! 2時間スペシャル」(金曜・後8時)に出演。山里の嫉妬に端を発したコンビ不仲、解散危機について語った。

 コンビで活動していたが、山里は人気と評判がうなぎ上りの山崎に嫉妬。山崎によると「2人の冠番組なのに一言もしゃべらず」終わったこともあったという。また、トーク番組では山里が事前に台本を入手しチェックして、山崎のトーク部分を消して「一切しゃべらせない妨害工作をした」こともあったことを告白。衝撃的なエピソードに山崎は「知らんかった。これは…」と驚いていた。

 まるで“冷戦”状態で解散危機の中、山里はナレーションの仕事で「面白いね」と言われ自信をつけたという。

 また山崎はロンドン五輪を目指しボクシングに挑戦。ボクシングに真剣に取り組むうちに山里の漫才への思いに気づき、「もう一度、M―1に出たい」と伝えた。すると冷え切った関係だった両者は、同じ方向を向いて歩み出せるようになったという。

 最後に山里は涙を浮かべ「今までごめんなさい」と、山崎に「初めて」謝罪していた。

芸能
注目トピック