ISSAを見舞った明石家さんま、ナースステーション前での面会を希望

2018年12月15日10時57分  スポーツ報知
  • ISSA

 男性7人組グループ「DA PUMP」が14日放送のTBS系「A-Studio」(金曜・後11時)に出演。入院中のリーダー・ISSA(40)を、明石家さんま(63)が見舞った際のエピソードを披露した。

 ISSAは2008年、ライブのリハーサルで大腿(だいたい)骨を骨折し、全治6か月の重傷。入院することになった。

 ある日、さんまがサプライズで病院へ見舞いに訪れたが、ISSAの病室ではなく、なぜかナースステーション前での面会を希望。さんまは「ここでええねん。ここでええねん」と話し、ISSAは「僕はまだ、車いすだったので(こいで)向かったら、さんまさんが居ました」と当時を振り返った。

 MC・笑福亭鶴瓶(66)から「入院中、ずっと車いすでウィリーしてたらしいね」と聞かれたISSAは「暇だったんで、何かを身に着けたいというのがありまして」と話し、「車いすウイリー(車いすの前両輪を宙に上げて、後両輪だけで走行)」を習得したことを明かした。

芸能
注目トピック