指原莉乃HKT卒業の発表、韓国進出の宮脇咲良&矢吹奈子の帰国に合わせて

2018年12月16日7時0分  スポーツ報知
  • 都内でライブを行ったHKT48(左から2人目が指原莉乃、3人目が宮脇咲良)

 選抜総選挙で1位に4度輝いたAKB48グループの絶対女王・指原莉乃(26=HKT48)が15日、都内で行われたHKTの単独公演でAKBグループを卒業することをサプライズ発表した。来年4月28日に横浜スタジアムで卒業公演を行い、5月28日に地元・福岡で感謝祭イベントに出席する。卒業後は引き続きタレント活動を行う。エースの突然の発表に宮脇咲良(20)、矢吹奈子(17)らメンバーも泣き崩れた。

 指原が後継者として指名したのは、今秋から韓国で「IZ*ONE」のメンバーとして活動する宮脇咲良(20)、矢吹奈子(17)だ。

 指原は卒業を発表するにあたりメンバー“全員”がそろう日を選んだ。関係者によると、韓国で活動する2人が帰国し一緒にコラボするこの日にタイミングを合わせたという。

 突然の卒業発表に、宮脇と矢吹はステージ上で泣き崩れた。指原は2人に「本当に信じているから発表したんだから、ね。奈子も咲良ももっと強くなって帰ってくれると信じているから」と事実上の後継指名とみられるメッセージを送った。

 AKBグループを統率するプロデューサーの秋元康氏は「指原は、ここ数年、ずっと悩んでいました。自分はいつ卒業すればいいのだろう? 自分の未来が不安と言うより、後進に道を譲るタイミングを迷っていたのです。今日、宮脇咲良と矢吹奈子を送り出すにあたって、このピンチこそが、そのタイミングではないか?と決断したようです」と分析した。

 「IZ*ONE」で活動する2人は現在、韓国でブレイク中だ。その美貌が受けている宮脇は今年8月31日、日韓合同プロジェクト「プロデュース48」のファン投票で日本人最高の2位に。矢吹は150センチの身長でかわいらしさが人気に。テレビ番組などでネタにされているほか、圧倒的な歌唱力も評価されている。

 15年以降、卒業を決断できなかった指原だが、2人の活躍を見て、バトンを托せると判断したようだ。宮脇と矢吹がHKTに帰ってくるのは2021年4月。それまでの期間を秋元氏は「ピンチを迎えるこれからのHKT48」と表現した。指原の卒業発表は、残されたメンバーに向けて「全力でHKTを盛り上げてほしい」というメッセージでもある。

AKB48
芸能
注目トピック