指原莉乃卒業の衝撃…ファン反応に数秒の間、今後のグループ“逆輸入パターン”期待

2018年12月16日9時0分  スポーツ報知
  • 都内での公演で涙を流す指原莉乃

 選抜総選挙で1位に4度輝いたAKB48グループの絶対女王・指原莉乃(26=HKT48)が15日、都内で行われたHKTの単独公演でAKBグループを卒業することをサプライズ発表した。来年4月28日に横浜スタジアムで卒業公演を行い、5月28日に地元・福岡で感謝祭イベントに出席する。卒業後は引き続きタレント活動を行う。

 この日の会場。指原が“爆弾発言”してからファンが反応するのに数秒の間があった。「またいつものコントだろう…」と本気にとらえなかったのだろう。それだけ今のAKBグループから指原が抜けるという衝撃は大きい。

 スキャンダルを経てもリカバー。「かわいくないし、歌もうまくない」と自虐ネタで笑わせてもブレイク。確かに「さしこ」は新しいアイドル像を作りあげた。今、同じことができそうな後継者をぱっと考えても思い浮かばない。

 現在、AKBグループでは今回の選挙で躍進したSKE、NGTや勢いをつけてきているSTUなど地方に力を入れている。それぞれ松井珠理奈、荻野由佳、岡田奈々らの名前も浮かぶ。今月には次期総監督に向井地美音も指名された。

 海外もジャカルタのJKTを始め7グループが展開。人材発掘の場を広げている。その中で、この日思ったのは宮脇、矢吹の可能性だ。ステージで笑顔を見ても自信のようなオーラをまとって帰ってきたのが分かった。海外の地で圧倒的な人気を身につけて帰国する“逆輸入パターン”が生まれるかもしれない。

AKB48
芸能
注目トピック