「私、指原莉乃はHKT48を卒業します」AKBグループ絶対女王、タレント&プロデューサー活動の道へ

2018年12月16日6時0分  スポーツ報知
  • 都内での公演で涙を流す指原莉乃

 選抜総選挙で1位に4度輝いたAKB48グループの絶対女王・指原莉乃(26=HKT48)が15日、都内で行われたHKTの単独公演でAKBグループを卒業することをサプライズ発表した。来年4月28日に横浜スタジアムで卒業公演を行い、5月28日に地元・福岡で感謝祭イベントに出席する。卒業後は引き続きタレント活動を行う。エースの突然の発表に宮脇咲良(20)、矢吹奈子(17)らメンバーも泣き崩れた。

 AKBにとって、平成最後のサプライズといえるかもしれない。アンコール後のMC。マイクを握った指原は「ここで報告があります」と切り出すと「私、指原莉乃はHKT48を卒業します」と涙声で報告した。

 グループの単独公演の場でのサプライズ発表。あっけにとられるメンバーや2000人の観客を前に「急になってしまって申し訳ないんですけど、既に卒業コンサートの日程も決まっています」と続けた。メンバー全員が涙。事態を把握した観客席からも「撤回して~」との悲痛な声が飛んだ。

 HKTのみならずAKBグループの中心的存在だ。歌って踊ってかわいさを前面に押し出すアイドル像をぶち壊し、「へたれ」を代名詞にして人気に火が付いた。ファンとのスキャンダルが報じられHKTへ移籍したが、自ら「美人じゃないアイドル」とネタにしながらバラエティー番組などでブレイク。2013年に選抜総選挙を初制覇し、15年から17年まで3連覇しAKBのトップに駆け上がった。

 テレビのレギュラー10本。アイドルとして絶頂期にある一方で、抱える思いもあった。この日、卒業について「もう何年も前からずっと決めていて」と告白した。関係者は「頂点に返り咲いた後、目標を失ったのかもしれない」と語っており、15年に1位になった頃から意識していたとみられる。当時は後輩も力をつけておらず思いとどまったが、今年になって周囲に卒業時期について話すようになったという。

 今後は歌手や女優ではなく、MCを中心としたタレント&プロデューサーとして活動していく方針だ。自身が結成から手掛けたアイドル「=LOVE」(イコールラブ)などのプロデュースをすでに行っており、今後は「第2の指原」発掘を目指す。

 卒業の報告後、2曲歌っても泣きやまないメンバーを見て「もう1曲歌う? 明るい曲。頑張って。こんなので泣いたらダメだよ。歌うよ」と励ますように提案。「桜、みんなで食べた」を歌っても、うつむきっぱなしの宮脇らを見渡して「ほら、あいさつするよ。頭下げろや!」と一喝。最後まで“らしさ”をみせつけていた。

 ◆指原 莉乃(さしはら・りの)1992年11月21日、大分県生まれ。26歳。愛称は「さっしー」、「さしこ」。2007年にAKB48のオーディションに合格し08年、劇場公演デビュー。12年5月に「それでも好きだよ」でソロデビュー。同年6月、元ファンの男性と交際していたことを報じられ、ラジオで謝罪し、HKT48に移籍。レギュラー番組はTBS系「坂上、指原のつぶれない店」など。特技はトロンボーン。身長159センチ。血液型O。

AKB48
芸能
注目トピック