eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」 ホークスがファイターズを破り「日本シリーズに行く

2018年12月16日14時6分  スポーツ報知
  • 勝利を喜ぶ左からホークス・tell選手、さんらいく選手、ケーバック選手

 「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のパ・リーグのeリーグ代表決定戦が16日、東京・KONAMIホールで行われた。福岡ソフトバンクホークスが日本ハムファイターズに8―4で勝ち、ホークスがパ・リーグ1位の西武ライオンズへの挑戦権を獲得した。「eリーグ代表決定戦」は両リーグの上位3チームが進出し、プロ野球のクライマックスシリーズに当たる。同決定戦では特別ルールでチーム3人が3イニングごとに交代しながら9イニングを戦う。

 序盤から勢いが止まらなかった。1回から3回を任されたケーバック選手(23)が1回2死三塁から左方向に2ランを放ち2点を先制。続く打席ではバックスクリーンにソロ本塁打をたたき込んだ。「後ろ2人を信じていました。3点リードで2人に回すことが最低限の仕事だったので良かった」。プロ野球“短期決戦の鬼”のホークスを思い出させる勢いで、ファイターズをねじ伏せた。

 レギュラーシーズンではライオンズに3タテを食らって悔しい思いをしたホークス。チームの大黒柱・さんらいく選手(22)は「日本シリーズに行くのはホークスです」と闘志を燃やした。

芸能
注目トピック