三遊亭小円朝さんが肺炎で亡くなる…49歳

2018年12月17日12時42分  スポーツ報知

 落語家・三遊亭小円朝(本名・高橋秀帆=たかはし・ひでほ)さんが15日午前6時25分、肺炎のため東京都内の病院で亡くなったことが17日、分かった。49歳だった。通夜・告別式は近親者で行う。喪主は妻・好(よしみ)さん。後日、お別れの会を行う予定。

 小円朝さんの父親は3代目・三遊亭円之助。1996年に父親の弟弟子になる三遊亭円橘に入門。97年に二ツ目に昇進し4代目・円之助を襲名。2005年5月に真打ちに昇進し4代目・小円朝を襲名した。

 ここ数年は体調を崩し入退院を繰り返していた。今年6月には兄弟弟子が「小円朝再生落語会」を開催し、「芝浜」を熱演していた。11月末にインフルエンザから肺炎を発症し入院。今月7日に予定されていた「第2回 小円朝再生落語会」は師匠の円橘が代演した。

 関係者によると、亡くなる前日の14日、師匠・円橘や兄弟弟子がお見舞いに行った時は円橘の「来年4月に落語会を開くから頑張れよ」の激励にはっきり返事をするなど、意識もあったが、翌早朝、眠るように息を引き取ったという。

 最後の高座は10月、千葉・富浦での落語会だった。小円朝さんは落語協会での修業経験もあり、5代目円楽一門会が出演する両国寄席で、太鼓などの鳴り物や、前座修業のしきたりなどを教える良き兄貴分でもあった。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ