広瀬アリス すずと仲良しのヒケツ「ケンカを長く続けない」

2019年2月11日13時56分  スポーツ報知
  • 舞台挨拶に登場した(左から)ドラえもん、広瀬アリス、柳楽優弥
  • 舞台挨拶に登場した(前列左から)高橋茂雄、中岡創一、辻村深月、ドラえもん、広瀬アリス、柳楽優弥、八鍬新之介監督(後列左から)しずか、のび太、ジャイアン、スネ夫

 女優の広瀬アリス(24)、俳優の柳楽優弥(28)らが11日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで声優を務めるアニメ映画「ドラえもん のび太の月面探査記」(3月1日公開)完成披露舞台あいさつを行った。

 国民的人気シリーズの39作目で、月を舞台に直木賞作家の辻村深月さん(38)が脚本を手がける。広瀬は「メチャメチャ面白いと思います。ウルっとしましたし、ゲラゲラ笑いましたし、ドラえもんが大好きだなと思える映画になってます。早く見て頂きたい」と自画自賛。ドラえもんの大ファンで毎回映画を見に行くという柳楽も「今回は友情が描かれてるところが大好き」と笑顔を見せた。

 広瀬はドラえもん(の着ぐるみ)から、妹の広瀬すず(20)との仲の良さのヒケツを聞かれ「たくさんケンカしますけどね。なんで録画してないの、とか」と明かしつつ「ケンカを長く続けないこと」と語っていた。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ