錦戸亮主演の月9「トレース 科捜研の男」第6視聴率は10・4%で2ケタ維持

2019年2月12日9時50分  スポーツ報知
  • 新木優子

 11日に放送された関ジャニ∞の錦戸亮(34)主演のフジテレビ系ドラマ連続ドラマ「トレース 科捜研の男」(月曜・後9時)第6話の平均視聴率が10・4%だったことが12日、分かった。

 初回は12・3%をマークし、昨年7月期「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」初回10・6%、10月期「SUITS/スーツ」初回14・2%から3作連続の2ケタ発進。第2話は11・8%、第3話は9・6%、第4話は11・0%、第5話は10・0%と推移。今回は0・4ポイントアップし、2ケタ台を維持した。

 科学捜査研究所を舞台にした人気コミックのドラマ化で、錦戸は「月9」初主演。現場に残された痕跡(トレース)から導き出される鑑定結果をもとに、事件に隠さされた真実を追い求めていくサスペンスだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック