愛犬家・坂上忍、犬を蹴る飼い主を断罪「到底、理解できない」

2019年2月12日13時51分  スポーツ報知
  • 坂上忍

 12日のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で、京都市内の女性が飼い犬を散歩中に2度も蹴る動画がSNSで拡散したことを特集した。愛犬家として知られるMCの坂上忍(51)は「到底、理解できない」と断罪した。

 動画は16歳のラブラドール・レトリバーが散歩中に、飼い主から2度蹴られ、倒されるといもの。

 飼い主は蹴った理由については「家中でおしっこをする」とし、「虐待違います。しつけです」と主張した。

 坂上は「16歳になったら、しつけという域ではなくて、介護であり看取りの覚悟を持って接しないといけない年齢だと思う。まだ、しつけが必要なんだと言うなら、16年間で飼い主が何のしつけも出来なかったか、レイちゃんから信用を得ることができなかった」と人間側に責任があるとし、「到底、理解できない」と断罪した。

 また、「彼女が飼っている犬も16歳なんですよ。白内障も入ってきてるけど、元気でいてくれている。手のかからない子だったけど、去年くらいからこんな感じ(トイレの問題がある)」と話し、「その子がくれた16年間を考えたら(怒れない)…。全く理解ができない」と怒りを押し殺していた。

芸能
注目トピック