漫画家・鳥飼茜さん、小4女児虐待死事件に言及「大人の事情をもっと改善できるように…」

2019年2月12日18時12分  スポーツ報知
  • 番組MCのふかわりょう

 漫画家・鳥飼茜さんが12日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にコメンテーターとして生出演。千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された父・勇一郎容疑者(41)と共謀したなどとして、同容疑で母のなぎさ容疑者(31)が逮捕されたことにコメントした。

 番組では母親が「かわいそうだったけれど、止めても無駄だと思った」と父親の虐待についてコメントしていたことを報道。コメントを求められた鳥飼さんは「こういう事件が続くと、亡くなったお子さんがすごいかわいそうって、みんな意識がいくと思うんですよ。本当、かわいい子だったし、かわいそうに思うのは当然なんですけど。子供ってかわいいだけじゃない時、あるじゃないですか。むかつく時あるんですよ」と話した。

 また「虐待は誰にでもやりえるというか、そういうところもあると私は思っているところがあるので、子供がかわいそうで、この場合、親は鬼だって…。この親は鬼じゃないかって気持ちにみんながなっていると思っているけれど、そこで終わらないようにして欲しいなという風に思います。何でそういう風にせざる得なかったのか、大人の事情をもっと改善できるようになればいいなと思います」と語った。

 鳥飼さんは昨年9月に漫画家・浅野いにお氏と結婚。この日の番組内で別居婚であることを明かしていた。

芸能
注目トピック