NHK関連団体、8日にメール誤送信で個人情報流出トラブル

2019年2月12日18時3分  スポーツ報知

 NHKは12日、8日にメールの誤送信で個人情報が流出するトラブルがあったことを公表した。

 NHKの情報公開センターの担当者によると、9日に都内のNHK放送博物館でトークイベントが開催された。イベントを実施した同局関連団体の職員が前日8日午後4時すぎ、メールでイベント参加申し込みを行った51人に対し、「明日、雪で中止になるかもしれませんので追って連絡します」と言った旨の内容を一斉メールで返信した。当時、その職員の操作ミスにより、参加者のメールアドレスと一部名前が分かるような形で送信してしまったという。メールを受け取った参加者からの指摘で発覚した。

 同局は8日夜、おわびとメールの削除を要請するメールを51人に送付。公式ホームページでも、おわびのメッセージを掲載した。イベント当日の9日には、博物館館長が参加者に直接謝罪した。

 同局は今後、複数のあて先にメール送信する際は管理職が確認することを徹底し、同局や関連団体での研修会を開催するなど再発防止に向けた対策を検討している。

芸能
注目トピック