元欅坂46・今泉佑唯、3月に上演46度目のつか舞台で女優デビュー「今はヘニョヘニョしてるけど、変わった姿を見せる」

2019年2月14日18時11分  スポーツ報知
  • 舞台の製作発表会見に出席した(左から)今泉佑唯、味方良介、石田明、佐藤友祐

 欅坂46の元メンバー・今泉佑唯(ゆい、20)が14日、都内で舞台「熱海殺人事件」(3月28~31日=大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA、4月5~21日=東京・紀伊國屋ホール)の製作発表会見に出席した。昨年11月にグループ卒業し、今作で本格女優デビューする。会見冒頭で実演を披露。「緊張しすぎて覚えてない」と初々しく振り返り、「初めての舞台。すごく緊張するんですが、皆さんと一緒にステキな作品をお届けできたら」と意気込んだ。

 「熱海―」は、1973年に文学座に書き下ろされた、つかこうへいさんの代表作で今回で46回目の上演。演出の岡村俊一氏は、今泉について「まだヘナヘナしているが、物を知らない強さがある。無防備で突入していくすごさはある。出すエネルギーはこれから。受け止めるエネルギー、リアクションはすごい。近距離で見ると分かるけど、とってもすごいリアクションを見せている」と潜在能力の高さに期待。今泉は「本当に今はヘニョヘニョしてると思うけど、やるしかないので、変わった姿を絶対に見せたい。1か月半、精いっぱい尽力していきたい」と力強く語った。

 また、男女5人組「lol(エルオーエル)」の佐藤友祐(年齢非公表)は「後々、年が進んでいったときに“平成最後”というのは残るものだと思う。自分が出せるものを全部だして、燃え尽きたい」。主演は同作3年連続となる味方良介(26)、ほかに「NON STYLE」の石田明(38)が2年連続で出演する。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ