「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役、今月にも決定…台本にある登場場面のカット難しく

2019年3月16日7時10分  スポーツ報知
  • ピエール瀧容疑者 仕事の今後

 NHKが大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜・後8時)に出演するピエール瀧容疑者の代役を今月中にも決める方向で最終調整していることが15日、分かった。

 関係者によると、瀧容疑者の逮捕を受けて、ドラマ関係者らが今後について協議を重ねてきた。台本にある登場場面のカットに関しても話し合われたという。最終的に、全編にわたって登場場面をカットするのが難しく、物語に欠かせない重要な役どころであることなどから代役起用の方針を固めた。

 瀧容疑者は、劇中で主演の歌舞伎俳優・中村勘九郎(37)演じるマラソン選手・金栗四三を支える足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作役。1912年のストックホルム大会で、日本人初の五輪出場を果たす金栗の足袋を作る役柄で、少なくともドラマの中盤まで出演するとみられる。

 撮影はすでに24話あたりまで進んでいる。今月放送の残り3話分に関しては、容疑者の出演シーンがない形で編集された。今後も収録分を編集しながら、新キャストを交え追加撮影を行うことになりそうだ。

芸能
注目トピック