TBS外山惠理アナ、アシスタントを務める稲垣吾郎の「ゴロウ・デラックス」終了で視聴者に感謝「みなさんの記憶に残った番組」

2019年3月16日9時24分  スポーツ報知
  • 外山アナ

 TBSの外山惠理アナウンサーが15日放送のTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜・後1時)でアシスタントを務めるTBSテレビ「ゴロウ・デラックス」(金曜・深夜0時25分)が終了するに際し、視聴者に感謝した。

 「ゴロウ・デラックス」は、話題の本を紹介する読書バラエティーで元SMAPの稲垣吾郎(45)がMCを務め2011年4月から放送されてきた。

 番組の終了は今月5日にTBSの番組改編会見で正式に発表され、編成部企画総括の石丸彰彦氏は「『ゴロウ・デラックス』は2011年4月から編成してきましたが、深夜の1弾目、2弾目(の番組)強化ということで今回、終了となりました。ゴールデン帯に出て行くべく、そうした(強い)深夜番組をそろえていくということです」と終了の理由を語った。

 2014年4月からアシスタントを務めてきた外山アナは、番組の終了に「すごく残念なんだけど、吾郎さんの番組ですよ。吾郎さんのファンとかゴロウ・デラックス好きですという方もたまむすび聞いてくださっているので本当にありがとうございます」と視聴者に感謝し「番組は終わるんですが、みなさんの記憶に残った番組になったということでありがたいなと思っている次第でございます。ありがとうございます」と思いを語っていた。

芸能
注目トピック