山P、3400キロ日本縦断「コード・ブルー」ファンミーティングツアー

2018年7月23日5時0分  スポーツ報知
  • 大阪のファンを背に自撮り棒で記念撮影する(左から)比嘉愛未、新垣結衣、山下智久、戸田恵梨香、浅利陽介

 歌手で俳優の山下智久(33)、女優・新垣結衣(30)、戸田恵梨香(29)、比嘉愛未(32)、俳優・浅利陽介(30)が、映画「劇場版コードブルー―ドクターヘリ緊急救命―」(27日公開、西浦正記監督)の公開を前に、全国縦断のファンミーティングに出席した。

 21日に北海道から名古屋、22日に大阪から福岡と、総移動距離3300キロを回り、約4000人のファンと触れ合った。750人の募集人数に対し、約3万7000通の応募が殺到した大阪では、山下が「まいど! きょうは短い時間やけど楽しんでいってな!」と呼びかけ、浅利も「こんなにぎょうさん集まってくれてうれしいわ」と話すなど、5人それぞれが大阪弁であいさつ。一方、兵庫県出身の戸田は「私だけカンペはないという」と笑わせ、「みんな楽しそうやねー。きょうは盛り上がって下さい」と話した。

 悲鳴のような歓声が飛ぶ中、新垣は「この2日間、(各地のキャンペーンで)体力的には大変だなあと思っていたんですが、まだまだいけるなと思わせてくれた」と感謝。比嘉も「実際に皆さんにお会いして感謝の気持ちを伝えたいと思っていたんですが、逆にパワーをもらいました」と笑顔を見せた。

 イベントでは、途中で山下がMCを務めトークを展開。ファンからの質問コーナーでは、「手術の夢を見たことはありますか?」と聞かれた戸田は「あ、あった! 2、3か月なんですが、このチームで山Pを手術しました。撮影というていなので、『大丈夫? 痛くない?』とかって」と明かすと、山下は「救っていただいてありがとうございます」と笑いを誘っていた。

ジャニーズ
今日のスポーツ報知(東京版)