木村拓哉、広島・呉市の避難所訪問…V6三宅健、生田斗真とともに

2018年8月5日6時3分  スポーツ報知
  •  

 元「SMAP」の木村拓哉(45)、V6の三宅健(39)、俳優の生田斗真(33)が4日、7月の西日本豪雨で甚大な被害を負った広島・呉市の避難所を訪問した。フジテレビの「FNNプライムニュース」などが報じた。

 3人は、7月にジャニーズ事務所が支援のため立ち上げた「Smile Up! Project」のおそろいの帽子とTシャツを着用し、カレーライスやお菓子などのプレートを被災した子どもたちに手渡し。写真撮影にも応じるなど、住民とふれあった。

 同局の取材に、木村は「自分らに会って、笑顔になってもらえているので(支援は)継続していくべきだと思いました」とコメント。生田も「被災された人は大切なものをなくしたけど、人の心のぬくもり、優しさはなくならないと感じました」などと語った。

 木村は16年の熊本地震時にもTOKIO・長瀬智也(39)、V6・岡田准一(37)らと炊き出しを行っており、今回も自らの意志で被災地入りしたとみられる。西日本豪雨ではこれまで、嵐・松本潤(34)、二宮和也(35)、KAT―TUN・亀梨和也(32)、A.B.C―Z・塚田僚一(31)らが被災地を訪れている。

ジャニーズ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)