【2018年】プロスポーツ大賞

  • 10月7日、パヤノを1回で沈め、拳を突き上げる井上尚弥

 報知新聞社制定「2018報知プロスポーツ大賞」の受賞者が17日、決定し、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=ら5選手が大賞に輝いた。井上は世界3階級制覇、70秒での衝撃スピードKO勝ちなどが評価され初受賞。「フレッシュ賞」は巨人の岡本和真内野手(22)ら2選手。岡本は高卒4年目の今季、全143試合に出場、史上最年少で「3割、30本、100打点」を達成し、大きな飛躍を遂げた。

◆2018年プロスポーツ大賞受賞者
部門 受賞者 所属 年齢 受賞回数
野球(セ・リーグ) 大瀬良大地 広島 27
野球(パ・リーグ) 山川穂高 西武 27
男子ゴルフ 今平周吾 フリー 26
大相撲 御嶽海久司 出羽海 25
ボクシング 井上尚弥 大橋 25
特別功労賞 福原愛 ANA 30
特別賞 サッカー日本代表 - - 3
フレッシュ賞 岡本和真 巨人 22
フレッシュ賞 新垣比菜 ダイキン工業 19
  • 楽天SocialNewsに投稿!