サザン桑田が平尾昌晃さん葬儀・告別式に弔電「その旅立ちが、どうぞ安らかでありますよう」

2017年10月30日15時27分  スポーツ報知
  • ロカビリーの舞台をあしらった故平尾昌晃氏の祭壇

 7月に肺炎のため亡くなった作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の葬儀・告別式が30日、東京・青山葬儀所で営まれた。

 布施明(69)、五木ひろし(69)、小柳ルミ子(65)ら歌手、音楽関係者ら2200人が参列。安倍晋三首相(63)、サザンオールスターズの桑田佳祐(61)らからは弔電が届いた。

 終戦後、神奈川・茅ヶ崎市で暮らした時期があったという平尾さん。同じ茅ヶ崎出身の偉大な先輩音楽家に敬意を表し、桑田は「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみを申し上げます。ご遺族の皆様の気持ちを思いますと、心が痛みます。その旅立ちが、どうぞ安らかでありますよう、心よりお祈り申し上げます」と故人をしのんだ。

訃報・おくやみ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)