女子バスケ、東京五輪で初のメダル期待される奇跡の黄金世代

指の上で、バスケットボールを回す(左から)本橋菜子、宮沢夕貴、藤岡麻菜美、三好南穂(カメラ・小泉 洋樹)

9月11日 12:00

 バスケットボール女子代表のW杯は22日(スペイン)に開幕する。12年ぶりに出場したリオ五輪で8強入りし、2017年アジア選手権では3連覇を成し遂げるなど年々、力を上げ、20年東京五輪では初のメダルも期待される女子代表は今、世代交代の時期を迎えている。新チームの代表候補には1993年世代の同期が14人中5人選出された。ホーバス監督(51)も「5人は五輪に向けて大事になる存在」と期待を込める奇跡の最強世代を紹介する。  続きを読む…

  • 1
  • 2
今日のスポーツ報知(東京版)