元UFC女王ロンダ・ラウジーがWWEと契約…アスカと対戦も

2018年2月13日19時47分  スポーツ報知
  • ロンダ・ラウジー(左)の登場に戦々恐々のWWE女王たち(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEのブランドRAWのカート・アングルGM(49)は米国時間2月25日のPPV「エリミネーション・チェンバー」で、元UFC女子バンタム級王者のロンダ・ラウジー(31)がRAWと契約することを発表した。

 ロンダは1月に開催されたPPV「ロイヤルランブル」の会場にサプライズ登場。女子ロイヤルランブル優勝者アスカ、RAW女子王者アレクサ・ブリス、SMACKDOWN女子王者シャーロット・フレアーが集うリングに上がると、レッスルマニアのサインを指さして観衆を熱狂させた。

 ロンダは北京五輪柔道で銅を獲得し、アメリカ史上初の女子柔道オリンピックメダリストになると、その後、UFCに出場して初代女子バンタム級王者となり、6度の防衛に成功して“絶対女王”と呼ばれた。2016年版のTIME誌では「世界で最も影響力のある100人」に選出され、さらに大ヒット映画「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」「ワイルド・スピード SKY MISSON」にも出演している。PPV「エリミネーション・チェンバー」は日本時間2月26日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)