テレ朝幹部「新日本プロレスワールド」会員数急増に驚き「1・4東京D大会前に4割増加しました」

2018年2月27日14時57分  スポーツ報知
  • 1月4日の「WRESTLE KINGDOM12」で、ジェリコにVトリガーをお見舞いするケニー・オメガ

 テレビ朝日の角南源五社長(61)の定例会見が27日、東京・六本木の同局で行われた。

 会見に出席した総合ビジネス担当の平城隆司常務は、同局と新日本プロレスが共同で運営するインターネットテレビ局「新日本プロレスワールド」について、「昨年12月末に会員数が一気に4割増加しました。1・4東京ドーム大会のネットライブ中継が好評で1月の新規会員の8割が海外から、そのうち6割が米国からの加入者。グローバルコンテンツとして大きな存在になっています」と話した。

 1月4日に行われた新日プロ最大の大会「WRESTLE KINGDOM12」には3万4995人の大観衆が東京ドームに殺到。WメインイベントとなったIWGP戦、オカダ・カズチカ(30)VS内藤哲也(35)戦以上に話題となったのが、IWGP USヘビー級戦でケニー・オメガ(34)に挑戦したWWEのスーパースター・クリス・ジェリコ(47)の登場。全米での高い人気を誇るジェリコの参戦が会員数4割増の直接的な要因と見られる。

 新日プロは3月25日にも米国で「WALTER PYRAMID」大会を開催。平城常務は「この大会も生配信します。去年の新日の米国大会でも会員数が15%増加しています」と力コブをつくっていた。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)