真壁刀義、鈴木みのるに完敗で無言 3年ぶりのベルト奪取ならず

2018年3月7日7時0分  スポーツ報知
  • 鈴木みのるに完敗した真壁刀義

 ◆新日本プロレス「旗揚げ記念日」大会 ▽IWGPインターコンチネンタル選手権試合 〇鈴木みのる(19分04秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)真壁刀義●(6日、東京・大田区総合体育館、観衆・3864人札止め)

 真壁刀義(45)が鈴木みのる(49)の持つIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦も完敗した。

 満場の「真壁」コールの中、序盤から鈴木の仕掛けてくる場外戦、エルボー合戦に真っ向から対抗した真壁だったが、鈴木一流の関節技で徐々に体力を奪われると、最後はゴッチ式パイルドライバーで葬られた。

 若手に肩を借り、無言で引き上げた真壁。3年ぶりのベルトを巻くことはできなかった。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)