【K-1】卜部功也が“ネリKO”果たす…体重超過で王座剥奪のウェイをKOし新王者に

2018年3月21日20時3分  スポーツ報知
  • ルイをKOしタイトルを奪取した卜部(カメラ・越川 亘

 ◆「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~」▽K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ 〇卜部功也(2回1分15秒、KO)(判定3-0)ウェイ・ルイ●(21日・さいたまスーパーアリーナ)

 7大タイトルマッチのうち、唯一、前日の計量で体重超過となったのがライト級(62・5キロ以下)王者のウェイ・ルイ(26)=中国=。ウェイは再計量でも700グラムオーバーとなり、王座剥奪。挑戦者の卜部功也(27)=K-1GYM SAGAMI-ONO KREST=が勝った場合のみ新王者として認定されることになった。

 1回から攻め立てた卜部は、2回に左ストレートをカウンターで決め、前王者は大の字に倒れた。見事なKO勝利だ。ボクシングでは今月1日に、WBC世界バンタム級王者だったルイス・ネリ(23)=メキシコ=が、体重超過で王座剥奪され、王座奪回に挑んだ山中慎介(35)=帝拳=が無冠になったネリにKO負けするという“悲劇”が起きたばかりだが、K-1のリングで、卜部兄弟の弟が、フラストレーションをたたき破るKO劇を演出してみせた。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)