マサ斎藤さん、75歳で死去…00年にパーキンソン病発症し闘病

2018年7月16日18時20分  スポーツ報知
  • 事務所からのFAX

 元プロレスラーのマサ斎藤さん(本名・斎藤昌典)が、14日未明に亡くなったことが16日、妻の倫子さんが発表した。75歳だった。

 所属する健介オフィスからのFAXで倫子さんは「夫 マサ斎藤は長期にわたり、パーキンソン病と闘い続けてきました。17年にもわたる闘病生活は“Go For Broke!”(当たって砕けろ!)をモットーに掲げる彼にしても、想像を絶するほど辛く厳しいものでした。そんな中、引退後17年ぶり、74歳にして聖地である“リング”復活のチャンスが巡ってきました。更には、来年、再びカムバックのチャンスも出て来ました。その為にリハビリに意欲を燃やしていた矢先。容態急変。7月14日01時05分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジへ向かう様な、マサ斎藤らしい力強い旅立ちでした。現役時代並びに闘病生活中にお世話になりました皆様方に対し、生前に賜りましたご厚意に感謝し謹んでご通知申し上げます」と訃報を伝えた。

 通夜、葬儀は家族・関係者にて都内で執り行われる。

 マサ斎藤さんは64年東京五輪に、レスリングフリースタイル・ヘビー級に出場。明大卒業後に日本プロレスに入門。東京プロレスを経て渡米し、マサ・サイトーなどのリングネームで悪役レスラーとして活躍した。74年から新日本プロレスに参戦。再渡米後の84年には事件に巻き込まれて逮捕され1年半の刑務所暮らしを送ったが、その中でフィニッシュホールドの「監獄固め」を開発した。87年にはアントニオ猪木と時間無制限ノーレフェリー無観客マッチ「巌流島の戦い」で2時間を超える死闘を演じた。

 99年2月に現役を引退。05年から佐々木健介の事務所である「健介オフィス」入り。14から15年にかけて、00年からパーキンソン病を患っていると公表していた。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ