棚橋弘至、20日ファレ戦に気合「最高の今を見せてやるよ」

2018年7月20日0時13分  スポーツ報知
  • ファレ戦に向け、気合を入れる棚橋弘至

 ◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会(19日、東京・後楽園ホール、観衆1730人札止め) ▽タッグマッチ20分1本勝負 〇タンガ・ロア、バッドラック・ファレ(6分15秒 エイプシット→片エビ固め)棚橋弘至、デビッド・フィンレー●

 復活優勝を狙う棚橋弘至(41)が20日のAブロック公式戦で激突するバッドラック・ファレ(36)とタッグマッチで対戦した。

 序盤からファレだけをにらみつけ、テキサスクローバーホールドなどで右ヒザ破壊に打って出た棚橋。ファレと迫力満点の場外戦も展開したが、試合はパートナーのデビッド・フィンレーがタンガ・ロアのエイプシットに沈められた。

 G1開幕戦で難敵・鈴木みのるを下し、好発進を見せた棚橋だが、16日の北海きたえーる大会ではジェイ・ホワイトに敗れ、1勝1敗。ファレを下しての白星先行をにらみ、バックステージでも気合十分。「過去は変えられないから。ここ何年かパッとしなかった棚橋弘至も変えられない。ならば、どうする? 最高の今を見せてやるよ」と、汗まみれの顔で言い放っていた。(中村 健吾)

格闘技
注目トピック