EVIL、真壁刀義下しG1・2勝目「完璧な勝利だ!」

2018年7月21日7時0分  スポーツ報知
  • 真壁刀義を下し会見するEVIL

 ◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会(20日、東京・後楽園ホール)▽G1クライマックス28・Aブロック公式戦30分1本勝負 〇EVIL=勝ち点4(10分16秒 EVIL→片エビ固め)真壁刀義●=勝ち点4

 初優勝を目指すEVIL(31)が真壁刀義(45)を下し、2勝1敗と白星を先行させた。

 14歳の年の差はあれど、パワー自慢の2人だけに試合は序盤から場外での大乱戦に。会場中を髪の毛をつかみ合い、練り歩く大暴れ。互いにラリアットをきめ合った後はイス攻撃に鉄柵への叩きつけと、ラフな攻防に終始した。

 それでも、リングに上がってからは真っ正面からのラリアット合戦に張り手の応酬。最後はEVILがラリアットからの必殺・EVILで真壁をマットに沈めて見せた。

 試合後、バックステージのイスにどっかりと腰掛けたEVILは「見たか! 完勝だよ。完璧な勝利だ。この俺しか新しい風景を見せることはできない。すべてはEVILだ!」と、まくし立てた。(中村 健吾)

格闘技
注目トピック