鈴木みのる、YOSHI―HASHI下しG1初白星も記者のペン奪って襲撃!

2018年7月21日7時2分  スポーツ報知
  • G1初勝利を挙げた鈴木みのる。この後、記者を襲撃した

 ◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会(20日、東京・後楽園ホール)▽G1クライマックス28・Aブロック公式戦30分1本勝負 〇鈴木みのる=勝ち点2(13分44秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)YOSHI―HASHI●=勝ち点0

 開幕2連敗を喫した鈴木みのる(50)がYOSHI―HASHI(36)を下し、今大会初勝利を挙げた。

 試合は最初から鈴木得意のラフファイトに。YOSHI―HASHIを場外にたたき落とすと、イスで乱打。リング上でも頭部へのキックの嵐。多彩な関節技と一方的に攻め続けた。

 YOSHI―HASHIの必死の反撃も抑え切り、最後は高角度のドロップキックから掌底の連打。フラフラになった相手に必殺のゴッチ式パイルドライバーをきめ、3カウントを奪った。

 試合後、汗まみれで取材陣の前に立った鈴木は「俺と同じ土俵に二度とたつんじゃねえ。クソウジ虫ヤロー。てめえなんか、地べたをはいつくばっていればいいんだ」とYOSHI―HASHIをこき下ろした。

 さらに取材陣をにらむと「次は誰だ? おまえか? 俺の相手は誰だ~! おまえか?」と絶叫。記者2人を次々と襲撃。1人の記者のペンを奪うと、顔面に突き刺す素振りまで見せ、大きな悲鳴を上げさせていた。(中村 健吾)

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)