長期欠場中の小島聡、9・9東金大会で復帰を宣言「欠場してから約8か月、全力で練習とリハビリに励みました」

2018年8月17日8時24分  スポーツ報知
  • 小島聡

 左膝のけがで長期欠場中の新日本プロレスの小島聡(47)が17日、自身のツイッターを更新し、9月9日の千葉・東金大会で復帰を宣言した。

 小島はツイッターで「9月9日、東金大会で復帰させて頂きます。欠場してから約8か月、全力で練習とリハビリに励みました。私にできるプロレス、私にしかできないプロレスを追求し、多くのファンの皆様に生き様を伝えていければと思います。復帰に際し、関わって下さった全ての方々に感謝します」と思いをつづっていた。

 小島は今年1月に試合中に左ヒザの前十字靭帯を断裂し、長期欠場していた。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)